漫画原稿用紙の使い方

   2017/07/19

マンガを描く時に使う原稿用紙ですが、市販されているマンガ専用の原稿用紙や、パソコンのクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)などの漫画専用ツールで原稿用紙のモードにすると、薄い線が引かれていると思います。

ここではそのマンガ用原稿用紙に引かれた、それぞれの線の名称や役割、描き方について説明していきます。

主に出版社への投稿用やプロ用として使われているのがB4原稿、同人誌用に使われているのがA4原稿用紙などになります。




全体図

まず原稿用紙を全体的に表すとこうなります。

全ての枠の外側にある上下左右の四隅(紙の一番端)はフリーエリアなので、ペンの試し書きをするなり、メモを書くなり好きに使えます。もちろん印刷時には写らない範囲です。

漫画用原稿用紙の見方・使い方

① 基本枠(内枠)

基本枠

一番内側にある枠です。

漫画を描く時は基本的にこれを基準にコマ割りをして描いていきます。ダイナミックな演出をしたりして大きくコマを見せる時は、この範囲を超えても大丈夫です。

セリフなどを基本枠の外に入れてしまうと製本時に見えなくなる場合もあるので、基本的にセリフなどはこの中に収めるようにして下さい。特にノド(後述)になる側には注意です。
また、表情や仕草などそのコマで見せるべきポイントになる絵がある場合、基本枠の中に収めると見易くなります。


② 仕上がり枠(断ち切り線・タチキリ)

タチキリ

コーナートンボ内側ラインの延長線上の範囲が仕上がり枠となります。

この枠の中まで描いたものが印刷される範囲となり、この線を基準に裁断されて本になります。この線のギリギリまでセリフなどを書いてしまうと切り落とされてしまう場合があるので注意です。


③ 裁ち落とし幅(外枠・塗り足し・ドブ)

外枠

コーナートンボの外側の線を結んだ範囲が裁ち落とし幅となります。

基本的に仕上がり枠に合わせて裁断することになりますが、ミリ単位でズレが発生して隙間ができてしまう場合があります。そのズレが発生しても大丈夫なように、仕上がり枠まで使ったコマを描く時はここまで絵を描きます。簡単に言えば予備範囲です。

印刷や裁断でズレが発生する例

塗り足し幅
うっかり右の図の下部にある文字部分の透明度が、位置調整のため数値を変更していたら元に戻し忘れてました。半透明になっていますが気にしないで下さい。
とにかくズレが発生して白い余白が発生してしまったり、書かれているものが切れたりするということです。


トンボ (④センタートンボ/⑤コーナートンボ)

トンボ

トンボは印刷所が印刷したり裁断する際に位置の確認をするために目安となる線です。

目印になるものですのでトンボをベタやホワイトで塗って見えなくならないように注意してください。トーンもトンボには被らないように注意です。

市販されている漫画用原稿などには大体トンボ線が入っていると思いますが、ケント紙などに直接漫画を描いた場合など、トンボが描かれていない用紙を使う場合はトンボをしっかり描いて下さい。

トンボ線が初めから書かれている漫画用原稿などでも、後から黒いペンでトンボをなぞっておくと、印刷会社の方でスムーズに作業を行い易くなったりします。(必ず黒ペンで書くようにして下さい。)

また、線を引く時は定規などを使ってしっかり線を引くようにして下さい。フリーハンドでは歪んでしまい、結局引き直しになったりするのでフリーハンドはNGです。

トンボ線を引く場合、大体は内トンボの線だけで大丈夫ですが、印刷所によっては内・外トンボ両方に線を入れて欲しいという所もあります。

④ センタートンボ
こちらは主に印刷する時の中心位置を確認するのに必要な線です。
トンボ線を引く場合は一本を引くだけで大丈夫です。

⑤ コーナートンボ (角トンボ)
こちらは主に裁断の目安に使われる線です。

ちなみにコーナートンボ内側の線が内トンボ(仕上がり枠)、外側の線が外トンボ(裁ち落とし幅)の線となります。


⑥ ノンブル

ノンブル

ページ数を示すための数字です。

これがないと印刷所で面付や丁合という作業をする時に、落丁や乱丁などの元となる恐れがあります。それを防ぐためにもノンブルを入れます。当然ですがこの数字を間違ってしまうと大変なことになりかねないので注意です。

同人誌の印刷の場合、大体印刷される部分(仕上がり枠内)にノンブルを入れることになります。出版社に応募や持ち込みする場合はその限りではないので、各社の投稿ルールを確認するようにして下さい。

漫画用原稿などではノンブル用の枠があったりしますが、絶対その場所に入れないといけない!
ということはないので、仕上がり枠の中で絵柄に紛れない位置なら、上でも下でも左右どこでもOKです。

また、どうしてもノンブルを隠したい!という人には隠しノンブルという方法もあります。

隠しノンブルについて

隠しノンブル

隠しノンブルとは、ページ内側のノド(後述)となる部分に配置するノンブルのことで、無線とじの場合、綴じしろにノンブルが隠れたりします。中とじ本とかになると見えてしまいますが、ノド側の仕上がり枠ギリギリの位置に入れることによって目立たなくできます。

ノンブルの数え方

ノンブルには本文のみをページとして数える方法と、表紙を1ページ目として数える方法が一般的です。なお表紙にノンブルは入れなくても大丈夫です。基本的に本文に割り振る形になります。

またデータ原稿で入稿の場合は、ファイル名とノンブルを合わせた方がお互いに分かりやすいです。

印刷所によって開始するページ番号や、ノンブルの大きさ、フチ幅の指定があったりするので、細かい部分は印刷所ごとの入稿ルールをご確認下さい。

注意
この部分はノンブルとは少し違うので別ページで詳しく書きますが、特に同人誌などの場合、合計ページ数が奇数になることはありません。

本のとじ方は色々ありますが、無線とじ(糊とじ)や、中とじ等での製本となるため、必ず表面(1ページ目)と裏面(2ページ目)が存在することになります。
ですので本文が奇数になった場合、白紙ページを追加したりして合計が偶数ページになるように調整することになります。

また中とじの場合、基本的に1枚の紙に4ページ分印刷することになるので、合計ページ数は4の倍数となります。
※ページ数が多くなりすぎると中綴じ出来なくなったりします。製本可能なページ数は各印刷所にてご確認下さい。


⑦ ノド

ノド

製本時に糊付けやホッチキスで挟まれて内側にくる部分のことです。

本を開いた際に各ページの内側になる部分ですので、当然ここにセリフや大事な絵などが書かれていたら非常に見辛くなってしまいます。それを意識してセリフや大事な絵はここに寄せすぎないように描いて下さい。基本枠を基準にすると良いでしょう。

ちなみページ中でノドの逆側を小口と、上部が天、下部が地と言います。

漫画の向きについて
基本的に漫画は縦文字ですので、右綴じ(右とじ)になっていて左ページから始まることが多いです。1ページ目や3ページ目などの奇数ページが左、2ページ目や4ページ目などの偶数ページが右と覚えておくといいでしょう。

⑧ 見開きの描き方

二つのページが繋がった見開きページを描く場合は、原稿用紙2枚を繋げたりして描いていく必要があります。

ここは出版や人によってやり方に違いもあったりする部分でもあります。

見開きページの描き方1

見開きページの描き方2

基本的にはノド側の基本線からノド側へ15ミリの辺りや、仕上がり枠の線に合わせてカッターなどで切るか、折り曲げるかして、2枚の裏をテープで貼って2枚を繋ぎ合わせて描いていきます。切るのは1枚だけでも2枚でも好みで構いません。切るのも曲げるのも嫌な場合は、目印の線を引いてトレース台で照らして位置を合わせて描いても構いません。後は基本的な原稿用紙の使い方と同じです。

最終的にはちゃんと見開きとして中身が繋がってさえいればいいので、2枚別々に描いたりしてもOKです。

プロの方ですとB3用紙を横向けにして描いたりなんて方もいますが、投稿など郵送の便利さを考えると用紙2枚で描いた方がいいかと思います。

見開きは本の厚さや掲載される場所などによって、左右両端のサイズが変わったり、ノド側の巻き込み方が変わって、実際の見え方が変わってきます。そういった面からもノドになる部分や両端(小口側)には、大事な絵や文字は入れない方が理想的です。また、見えなくても不自然にならないように、描くものを調整したりすると良いでしょう。大事な部分は基本枠から更に少し内側へ入れておけば安心です。

ちなみに雑誌やコミックスだと、見易いように編集部の方で調整されたりもします。

見開きページの細かい部分が心配な方は、直接出版の方へ問い合わせたり、公式サイトで投稿ルールを確認したほうが確実です。

注意
同人誌、出版社への持ち込み共に言えることですが、見開きページは1ページ目など左側ページとなる奇数ページからは始まりません。本を読む向きの関係から、2ページ目などの偶数ページから見開きが始まる形になります。(2ページ目+3ページ目など)

最後に

解説は以上となりますが、マンガを描くからといって、絶対にマンガ専用の原稿用紙で描かなくてはいけない決まりはありません。自分でケント紙や印刷規定内の用紙に寸法を測り、書き込んでいくという手段も存在します。地味に面倒くさいのであまりお勧めはしませんが……。

また、デジタルで作画する場合、お使いのツールで原稿用紙のガイドラインを直接出す方法の他にも、出版社の投稿用ページに原稿用紙のテンプレートが置かれている所もあります。設定などが不安な人はそういうのを使うのもアリだと思います。

そんなこんなで長くなりましたが、漫画は原稿用紙の使い方を理解しても、実際に描かなければ何も進みません。なのでまずはどんどん漫画を描いてみちゃいましょう!


アイシー マンガ原稿用紙 A4 厚135kg IM-35A
アイシー マンガ原稿用紙 A4 厚135kg IM-35A


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA